ホーム > 交通事故治療

交通事故治療

正しい手順を踏むことで、先々の不安を解消できます。
保険会社とのやり取りも、当院にお任せください。

交通事故に遭って体を傷めた、または事故後しばらくして違和感が生じたとき、自賠責保険による治療が可能である場合があります。
事故直後に痛みがなくとも、しばらく生活しているうちに症状が現れてくる場合がありますので、痛みの有無にかかわらず、交通事故に遭ってしまったらできるだけ早く受診されることをお勧めします。
※特に「むち打ち症」は、事故直後に症状が現れにくいケガです。

むち打ち症

むち打ち症

交通事故によ傷害の中で特に多い症状が「むち打ち症」です。
むち打ち症は俗称で、正しくは「外傷性頚部症候群」、または「頚部捻挫」という名称です。
衝撃により、首が正常な可動範囲を超えて動いてしまったときに、靭帯や筋肉が傷ついて、首、背中の痛みへとなって現れる症状です。

「頚椎捻挫型」

首回りの靭帯、筋肉が傷つけられ、首から肩・背中にかけての痛みが現れる症状です。

「神経根症状型」

頚椎から出る神経が圧迫され、首の痛みへとつながります。
また、一見関係のなさそうな頭痛、手足のしびれ、筋力の低下などを招くことがあります。

「バレ・リュウ症候群型」

後部交感神経の損傷、圧迫により、頭部への血流量が低下します。
頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、目の疲労などを引き起こします。

事故直後に症状が現れるとは限りません

特に「むち打ち症」は、事故直後には現れにくい症状です。
交通事故直後から治療を受けられている方以外でも、次のようなことでお悩みの方は、一度当院にご連絡ください。

  • 事故後日に首、腰に違和感が現れた。
  • 寝つきが悪くなった。
  • 痛みはないが吐き気を催すなど、体調がすぐれない。
  • 保険会社とどうやってやり取りをしたらいいのか分からない。

交通事故に遭ってから治療までの流れ

1)警察への届け出
1)警察への届け出

加害者・被害者とも、警察への届け出が必要です。
仮渡金の請求の際には「交通事故証明書」も必要となりますので、自動車安全運動センターへ連絡し、交付の依頼をしておきましょう。

2)加害者の情報を確認
2)加害者の情報を確認

次のことについて確認しておきましょう。

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 車の登録ナンバー
  • 加入している自賠責保険
  • 加入している自動車保険の会社名(組合名)
  • 証明書番号
  • 勤務先、雇い主の氏名・住所・電話番号
3)目撃者の確保、証人の依頼
3)目撃者の確保、証人の依頼

交通事故は、相手方と言い分が食い違うこともあります。
事故の目撃者がいれば、協力をお願いし、証言を記録しておきます。
氏名と連絡先をきいておいて、後々に証言が必要になった場合に協力してもらえるよう、お願いしておくとよいでしょう。

4)現場状況の記録
4)現場状況の記録

交通事故は少なからず精神的にもショッキングなものです。普段なら無意識に記憶しているような周辺の状況や経緯も、曖昧になってしまいがちです。
事故直後、現場の状況を写真に撮ったり、手書きで見取り図を作製しておくことも重要です。証拠データとして保管しておきましょう。

5)病院などを受診
5)病院などを受診

当整骨院での受診の場合は、「交通事故の治療を希望」とお伝えください。
※交通事故治療が必要な方は優先的に治療いたしますので、電話でご予約をお願いします。その際、次についても併せてお伝えください。

  • お取扱いの保険会社の連絡先と、担当者名
  • すでに病院で受診された方は診断名
6)保険会社への連絡
6)保険会社への連絡

保険会社に、整骨院で治療を希望することを伝えます。
保険会社から当院に連絡が入りますので、その依頼により治療開始となります。

治療開始

1)電話でご予約の上、ご来院ください
1)電話でご予約の上、ご来院ください

交通事故治療の患者さまは優先的に治療を行います。
電話でのご予約の際、

  • お取扱いの保険会社の連絡先と、担当者名
  • すでに病院で受診された方は診断名

も併せてお伝えください。

2)問診票への記入内容
2)問診票への記入内容
  • 事故発生の日時
  • 事故状況
  • 医師による診断内容
  • 症状
  • 取り扱い保険会社の確認

問診を行った後、当院から保険会社に手続きの連絡をいたします。

3)触診・治療
3)触診・治療

ケガの状態を、触診により確認します。
傷み具合、腫れ、患部の熱、機能障害の有無などの検査を行い、治療プランを立てます。
マッサージ、超音波治療、電気両方、冷温法、鍼灸、テーピング、骨盤矯正、背骨矯正などのあらゆる治療の中から、患者さま一人ひとりに合った治療法を選択し、実際に治療に入ります。
日常生活での注意点などをアドバイスさせていただき、そののちは継続的にリハビリを行っていきます。

4)治療の終了
4)治療の終了

症状の改善が見られ、当院、そしてもちろん患者さまの納得の上で治療は終了です。
保険会社に治療完了の報告をし、治療その他の治療を計算してもらいます。
明細が書かれた示談内容書を確認し、患者さまのサインで終了となります。

交通事故の補償・慰謝料

被害者の精神的、肉体的苦痛を金銭によって癒す賠償のことです。
自賠責保険、任意保険を利用して交通事故治療を行った場合、治療費、治療にかかった関係費、文書費、休業損害、慰謝料が払われます。
ひき逃げや保険未加入の加害者による事故の場合でも、特別な保証制度がありますので、ご不明の点は保険会社、または当院にご相談ください。

補償(慰謝料含む)限度額と種類

傷害による損害

1日4,200円、最大120万円(被害者1名あたり)
支払われる種類:治療関係費、文書料、休業損害料、慰謝料

後遺障害による損害

最大4,000万円 (要常時介護 第1級/被害者1名あたり)
支払われる種類:逸失利益料、慰謝料等(障害の程度に応じる)

死亡による損害

最大3,000万円 (被害者1名あたり)
支払われる種類:葬儀費、逸失利益料、被害者および遺族の慰謝料

保険が適用されないケース

保険が適用されないケース

交通事故の被害者となっても、それが100%自分の責任で発生した事故の場合(無責事故)は、相手車両の自賠責保険の適用対象にはなりません。
具体的には、次のようなケースで起きた事故に対しては保険が適用されません。

  • 被害車両のセンターラインオーバー
  • 被害車両の赤信号無視
  • 被害車両の追突
お電話でのお問い合わせはこちら
お電話でのご予約も承っております。

新着情報

一覧を見る

2016/07/13

7月19日(火)より、木曜日、金曜日の施術時間が
8:30~12:00 15:30~20:00に変更になります。

よろしくお願い致します。

アクセス


大きな地図で見る

院名
やまもと鍼灸整骨院
住所
〒596-0812
大阪府岸和田市大町370-2

診療時間 
月~金
8:30~12:00 15:30~20:00

8:30~12:30

休診日 土曜午後、日曜

詳しくはこちら